-Bier Tagebuch-ビールブログ

世界のビールや日本のビールを晩酌しながら紹介しています。

カンティヨン グース

どうも、こんばんは(^∇^)

ちょっと、夜遅くですが今日もビールを飲みたいと思います!

{EFD9A3B6-4F91-4FC5-B81C-9B0DF15E4B22:01}

ベルギーのカンティヨングースです。

ボトルのデザインがワインにしか見えないですが、一応ビールです笑

さて、今回は初めて飲むジャンルなので普段よりもしっかり紹介したいと思います^ ^


ビールは下面発酵のラガーと上面発酵のエールが一般的ですが、このビールは"ランビック"といって自然発酵をするビールで、熟成をさせるのですごく個性的な味わいが特徴みたいです。(酵母も特殊なものみたいですね。)



まずは開封してみましょうか。


{73FB4BE8-B535-4A8C-8792-BA9357B98258:01}

王冠は普通のサイズよりも少し大きいです。


{18B637FD-AE44-4616-9D4E-0993E31A7578:01}

このビールの特徴はコルクが入っているところです。

ベルギーでこのビールはワインと同じような感覚で飲むらしいです( ´ ▽ ` )



{BEFDC6CF-FFA9-45F7-BD76-81095DA4F92E:01}

注いでみると、泡持ちはないのですぐになくなってしまいます。


さて、味の方ですが

ん?これはビール?( ̄▽ ̄)


ワインのような風味と酸味です。

ビールっぽさもありますが、酸っぱさが前面に出てる気がします。

飲んだ後に喉の辺りになにか残る感じがしますね。


色々と強烈なビールですが、フィニッシュはさっぱりした感じで口の中で後引くみたいなものはありません。


これが本場の味らしいです( ´ ▽ ` )


初めてのジャンルなので戸惑いがありますが、飲み進めて行くとこのビールの良さがわかってくるんでしょうかね?

価格は900円くらいだったかと^^;


ビールやワインを飲み慣れてない人が飲むと吐くレベルの味だと思います笑

それほど酸っぱいですねw


次はベルギーのフルーツビールにもチャレンジしてみたいですね!

では(・ω・)ノ

広告を非表示にする